弁護士紹介/ LAWYER

  1. ホーム
  2. 弁護士紹介|知的財産・IT・人工知能・ベンチャービジネスの法律相談なら【STORIA法律事務所】
柿沼 太一Taichi Kakinuma
専門分野はスタートアップ法務及びデータ・AI法務。現在、様々なジャンル(医療・製造業・プラットフォーム型等)のAIスタートアップを、顧問弁護士として多数サポートしている。経済産業省「AI・データ契約ガイドライン」検討会検討委員(~2018.3)。日本ディープラーニング協会(JDLA)有識者委員(2020.5~)。「第2回 IP BASE AWARD」知財専門家部門グランプリを受賞(2021)。
杉浦 健二Kenji Sugiura
ウェブサービス法務やアプリ法務、個人情報保護法制を踏まえた個人データの利活用を主に取り扱う。個人情報保護法、著作権法を中心としたオンラインビジネス関連法。主な顧問企業としてウェブサービス、アプリ、データ、AI/ITサービス、SNS、マスメディアなど。『新アプリ法務ハンドブック』(共編著、2022年)『AIプロファイリングの法律問題』(共編著、2023年)ほか。
田代 祐子Yuko Tashiro
外資系法律事務所及び会計系法律事務所において、外国企業のインバウンド及び日系企業のアウトバウンド、企業法務、M&A、企業再編、コンプライアンス及びファイナンス等の業務に従事した経験を活かし、金融機関、IT企業、製造業、医薬など幅広いクライアントに法的アドバイスを提供。
菱田 昌義HISHIDA Masayoshi
・企業法務(会社法・保険法・金商法・労働法・知財法)
・IT、システム、アプリ、ベンチャー企業法務
・災害復興法務(プロボノ)
山城 尚嵩Naotaka Yamashiro
AI、データの利活用に関するビジネスモデル構築・法的助言・契約交渉・規制対応を中心に、IT系スタートアップに関する法律問題全般を広く取り扱う。近時はヘルスケアとエンターテイメント領域に注力。
山口 宏和Hirokazu Yamaguchi
スタートアップ法務及びデータ・AI法務を広く取り扱う。特にAI医療機器を開発するスタートアップに対する支援に注力しており、(ⅰ)医療データ収集(個情法上の規制等)、(ⅱ)AI開発・ハードウェア製造(臨床研究法又は倫理指針等)、(ⅲ)承認申請、(ⅳ)サービス提供(広告規制、景品規制、個情法上の規制、卸業者との契約、サービス利用規約作成等)という各フェーズにおける規制や契約に関してサポートしている。
坂田 晃祐Kosuke Sakata
エンターテインメント法務(製作委員会契約、窓口権該当行為許諾契約、景品表示法対応、著作権・意匠・商標対応、サービス利用規約作成、個人情報保護法規制対応)
データ・AI法務(ベンダ側・ユーザ側双方の立場で、共同研究契約・ライセンス契約作成及び締結支援、サービス利用規約作成、個人情報保護法規制対応)
その他スタートアップ支援(使用者側労働事件、投資契約・株主間契約作成等)