SERVICE知的財産・IT・人工知能・ベンチャービジネスならSTORIA法律事務所

STORIA法律事務所は「知財とITを武器に世界で戦う企業を法律面でサポートする」を使命として、著作権や特許権などの知的財産を武器とする企業、システム開発やアプリ開発、ウェブサービスを展開するIT系企業、ものづくり系・医療系・ヘルスケア・大学発ベンチャービジネスの法律顧問やサポートを行っています。

顧問先・支援先企業は事務所所在地である神戸と東京を中心に、日本各地から海外企業にわたっており、東証一部上場企業から中小企業、スタートアップやベンチャーまでを、企業規模や成長段階に応じて幅広くサポートしています。

LAWYERSTORIA法律事務所 弁護士紹介

柿沼 太一Taichi Kakinuma
経済産業省「AI・データ契約ガイドライン検討会」検討委員。弁護士登録時から著作権に関する事件を数多く取り扱って知識や経験を蓄積し、中小企業診断士の資格取得やコンサル経験を通じて企業経営に関するノウハウを身につける。AIベンダ、モノづくり中小企業、コンテンツ制作会社等の著作権関係企業の案件を主に取り扱う。
杉浦 健二Kenji Sugiura
ウェブサービス事業のビジネスモデル構築、利用規約・プライバシーポリシー作成の法的支援。ソフトウェア、システム開発、プラットフォームビジネス、データビジネス、エンタテインメント案件を主に取り扱う。顧問先企業は東証一部からスタートアップまで。インターネット法務、資金決済法、著作権法。企業勤務を経て弁護士登録。
近藤 加奈子Kanako Kondo
Partner handling drafting, revision and negotiation of commercial contracts for domestic and international transactions, representation of corporations and individuals in dispute resolution; particular expertise in the IT, software, manufacturing and maritime fields and joint ventures, start ups, etc.