採用情報/ RECRUIT

  1. ホーム
  2. 採用情報

STORIA法律事務所では、新たな仲間となってくれる弁護士を募集しています。

STORIA法律事務所の業務内容
とミッション

STORIA法律事務所の業務内容

STORIA法律事務所は「知財とITを武器に世界で戦う企業」を主な顧客とする法律事務所です。具体的には、著作権や特許権などの知的財産を武器とする企業(技術系知財やエンタメ系知財)、ものづくり系・医療系・ヘルスケア・大学発ベンチャービジネス、システム開発やウェブサービスを展開するIT系企業、国際的活動を行う企業を法律面からサポートしています。

業務内容は多岐にわたり、法規制のリサーチ、ウェブサービスに必要な利用規約、契約書の作成・チェック(特に知財に関する契約)、新規サービスを行う際の法的助言、トラブル対応などを行っています。

STORIA法律事務所のミッション

STORIA法律事務所の弁護士はバックグラウンドは様々ながらも、みな「誰かの役に立ちたい」「誰かに喜んでほしい」という想いから弁護士を志した者ばかりです。
そして弁護士を志した当初の想いは、現在の「私たちの力を必要としている企業や人のために、私たちの強みを生かして、私たちにしかできないやり方でサポートする」という想いにつながっています。
シンプルにいうと、私たちは「依頼者のお役に立てるため」に仕事をしています。

私たちが依頼者のお役に立てることで、依頼者に喜んでもらい、その結果その先にいる依頼者の顧客や従業員などの皆さんがさらに幸せになる。そういったシステムの一部を担いたいと考えています。
目の前の依頼者のために全力を尽くすことは大げさでなく、世界を変えることにつながると信じています。

ミッションを達成するための方法論

STORIA法律事務所は「依頼者の役に立つ」というミッションを達成するために、依頼者の皆さんにどのようにして当事務所を知ってもらうか(マーケティング)と、どのようにして高次元のサービスを持続的に提供できる組織を作るか(マネジメント)の両面に日々取り組んでいます。

依頼者の皆さんと出会うために(マーケティング)

人と違うことをおもしろがって取り組むことほど最強のマーケティングは
ありません。

たとえば共同代表の弁護士柿沼は、現在ビッグデータ・AI関係の依頼を多く頂いています。これは柿沼がAIに興味関心を持ち、データアナリストから個人レクチャーを受け大量の書籍を読み込んだうえで情報発信を開始、その結果AI企業から多数の相談を受けるようになり、AIビジネスの現場での課題を数多く把握することで、さらに課題解決手法を考案できるようになる、というサイクルを繰り返しているためです。

高次元のサービスを提供できる組織を作るために(マネジメント)

STORIA法律事務所は、複数の弁護士がお互いに協力し合い、信頼し合いながら高レベルの仕事をするスタイルの事務所であり続けたいと考えています。

毎週開催される事務所内勉強会、定期的に開催する食事会や事務所旅行などのレクレーションなどで多くの時間を共有することにより、所員同士の独立性と一体感のバランスをとることを重視しています。
弁護士のみならず、弁護士と事務所スタッフ間の連帯感と仲の良さも当事務所の強みです。事務所スタッフには弁護士の単なるサポート役にとどまらず、当事務所が更に良くなるための提案をしてもらい、事務所会議で積極的に議論をしています。

STORIA法律事務所が求める
人材像

STORIA法律事務所が求めている人材像は以下のとおりです。
必ずしも新人弁護士である必要はありません。既に弁護士として活躍されている方も歓迎します。

知的好奇心が旺盛で新しい事への興味関心が強いこと

STORIAは、IT企業、ベンチャー企業、技術系企業などを主たる顧客としていますので、まず知的好奇心が旺盛であることがなにより大事だと考えています。
強い知的好奇心という高出力のエンジンを持っていることが、新しい領域で仕事をしていく上では必要不可欠です。

新しい試みや自分が関わったことのない技術、コンセプトを依頼者から聞いたときに「それ面白そう!」と思えるかどうか。
自分の心に火がつくかどうか。
それが自分の仕事をイケてるものにするかどうかの決め手になります。

高いコミュニケーション能力を有すること

依頼者とのコミュニケーション能力は弁護士にとって生命線です。
偉そうにしても、逆に必要以上に卑屈になってもいけません。弁護士と依頼者は、案件解決に向けてのパートナーですから、フラットな立場でかつフランクに議論をする必要があります。
高いコミュニケーション能力とは、たとえば「話題が豊富」「話が途切れない」「知らない人とでもすぐに盛り上がれる」ことのみを意味するわけではありません。

  • 依頼者はいま何が言いたいんだろう
  • 依頼者はいま何を考えているのだろう
  • 依頼者のいま置かれた立場だったら最も嬉しくなる対応はどれだろう

ということに常に想像を働かせながら、依頼者に興味と関心を集中させられる能力を意味します。
このような想像力と集中力を欠かさなければ、ときにはこちらからほとんど言葉を発しなくても、誠意を持って傾聴していることも伝わりますし、ベラベラと喋り続けるよりむしろ信頼して貰えるのではないでしょうか。

精神的/肉体的にタフであること

弁護士の仕事は激務です。
仕事と時間に追いまくられるし、夜は遅いし、休みもあまりない。
良かれと思ってやったことが依頼者に伝わらない等々、枚挙にいとまがありません。この点を控えめに言うつもりはありません。
なので精神的・肉体的にタフであることは非常に重要な点です。
特に就職から5年程度は、ときに厳しい状態が続くと思います。

ただ、この期間を事務所のサポートによって無事に終えることができれば、弁護士は飛躍的に成長することができます。

素直でいい奴であること

素直でいい奴は周りに愛され、かわいがられます。有益なアドバイスもして貰えるし、仕事上のチャンスもどんどん舞い込んできます。
素直でいい奴のもう一つのメリットは、成長スピードが非常に速いことです。

弁護士になった瞬間は誰でも経験はゼロです。そのためポイントは成長の早さなのですが、素直でいい奴は、他者からのアドバイス・指導を柔軟に受け入れ反省し次のステップに向かうことが出来ますので、とんでもない早さで成長できます。

いい仕事をするためにも、自分自身の成長のためにも、素直でいい奴であることはとても重要だと考えています。

弁護士としての基本的能力(起案力等)があること

弁護士の基本的能力(考える、話す、聞く、書く、調べる)があることは
当然重要です。

ただこれらの能力は教育や経験を通じて伸ばしていくことが出来ますので、STORIA法律事務所では、特に新人弁護士についてはこうしたスキルよりもこれまで述べてきたようなマインド(知的好奇心旺盛、高いコミュニケーション能力、タフさ、素直でいい奴であること)の方が大事だと考えています。

知財、IT、ベンチャー、ヘルスケア、AIなどに関する興味関心や知識があること

当事務所の業務領域からすると、知財、IT、ベンチャー、ヘルスケア、AIなどに関する興味関心や知識があることが望ましいと考えています。

下記のいずれかにあてはまる方は、お断りしております。

  • チームでの共同作業や案件対応が苦手な方
  • タバコを吸われる方

弁護士募集要項

上記に共感頂ける方、STORIA法律事務所で働いてみたいと考えて下さる方は、以下からお申込み下さい。
STORIA法律事務所を一緒につくっていきましょう。

募集人数 若干名(司法修習生・弁護士経験者)
給与・待遇 経験・能力等考慮して決定させていただきます
応募方法

saiyou@storialaw.jp宛に件名「弁護士採用の件」として、以下の資料を添付のうえメール送信下さい。
追って当事務所よりご連絡させていただきます。

  • 司法修習生 … 履歴書及び司法試験成績表(総合及び短答)
  • 弁護士経験者 … 履歴書及び職務経歴書