弁護士紹介/ LAWYER

  1. ホーム
  2. 弁護士紹介
  3. 山城 尚嵩

山城 尚嵩Naotaka Yamashiro

AI、データの利活用に関するビジネスモデル構築・法的助言・契約交渉・規制対応を中心に、IT系スタートアップに関する法律問題全般を広く取り扱う。近時はヘルスケアとエンターテイメント領域に注力。

プロフィール
兵庫県弁護士会所属(登録番号 54158)
2009年3月  兵庫県立神戸高校卒業
2013年3月  神戸大学法学部卒業
2015年3月  神戸大学法科大学院卒業
2015年5月~ Jeff Leong, Poon & Wong (Malaysia/Myanmar)
        にてインターンシップ
2015年9月  司法試験合格
2016年12月  兵庫県弁護士会にて弁護士登録(第69期)
       STORIA法律事務所入所
2019年1月  個人情報保護士合格
2020年7月  一般社団法人日本ディープラーニング協会 G検定合格
所属団体等
著作・寄稿等
ウェブと法律に関するコラムをnoteに投稿しています。
講演・セミナー実績
     
  • 「弁護士から見た学校のリスクマネジメント」(兵庫県立学校保健部長研究発表大会・2019.11)
    •  
    • 「AI・データビジネスを自社ビジネスにどう活かすか」(東京都知的財産総合センター・2020.12)

自己紹介

新しいサービスや価値に触れることが大好きで、スピード感とコミュニケーションを大切に真摯に案件に取り組んでいます。また、ウェブサービスの設計においては、ユーザにやさしい規約づくりや、ユーザ目線も重視したサービス構築を心がけています。

一般的な企業法務(訴訟含む)のほか、以下のビジネス領域の案件を多数取り扱っています。法分野においては、著作権法などの知的財産法、個人情報保護法を中心とする情報法、消費者法・決済関係の法律を中心に以下の①~⑤の領域に関連する法律を横断的に取り扱っています。

①AI開発などのデータ利活用分野
:トライアル・PoC・開発・利用の各段階におけるリーガルサポート、データプラットフォームの設計等

②新規ウェブサービス(BtoB SaaSからC向けサービスまで)の立ち上げ
:レギュレーション対応・利用規約、プライバシーポリシー、特定商取引法表示、資金決済法表示等

③スタートアップ支援
:起業サポート、知財戦略、契約交渉、資金調達等

④ヘルスケアビジネス
:AI医療機器の開発や医療データの利活用の領域を中心に、個人情報保護法や医学系研究倫理指針を踏まえた助言、契約書レビュー等

⑤エンターテインメント法務
:アーティスト・クリエイター側の相談はもちろん、エンターテイメント領域のサービス開発を行う事業者などからのご相談も承っております。

上記分野でお困りの方は、何でもお気兼ねなくご相談ください。