ブログ/ BLOG

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. ベンチャー企業法務
  4. 大事なことなので何度でも言います。一定の要件を満たせば無断引用は適法です。

ベンチャー企業法務 コンテンツビジネス法務(知的財産権、著作権) インターネット

大事なことなので何度でも言います。一定の要件を満たせば無断引用は適法です。

杉浦健二 杉浦健二


【産業用AI開発の知財・法務セミナーのご案内】

産業用AI開発の知財・法務セミナーを2018年5月9日に東京大手町で開催いたします。
経済産業省のAI・データ契約ガイドライン検討会委員も務めた柿沼による、実務にすぐに役立つセミナーです。

過去の参加者の声や申込、詳細はこちらのページからどうぞ!

「無断引用禁止」と書かれているサイトを見かけますが、他人のサイトの文章を無断で引用することはいかなる場合でも違法なのでしょうか。

■著作権者の許諾があれば適法である

まず大前提として、他人のサイトの文章やイラストを使用する場合、著作権者から使用許諾が得られれば適法になります。

文章やイラストの場合はその作成者、写真の場合は撮影者が著作権者です。

最近インスタなどで、好きな芸能人の写真が掲載されている雑誌をそのまま撮影した写真を多数載せて「無断転載禁止!」と書かれているものを見ますがこれは色々おかしいわけです。
雑誌掲載写真の著作権は通常、出版社か撮影をしたカメラマン(以下「出版者等」)が有しており、当該インスタグラマーは出版社等から許諾を得ているわけもなく、そもそも違法アップロードにあたります。もしこの違法インスタに掲載された写真の使用許諾を得ようとすれば、雑誌をそのまま撮影した写真に通常創作性は認められないでしょうから、当該インスタグラマーではなく著作権者である出版社等から許諾を得る必要があります。
ただし雑誌を撮影した写真をインスタグラマーが加工して更に創作性を付していれば、新たな作品を生み出したと評価され得る(当該インスタグラマーも著作権者となる)ため、出版社に加えて当該インスタグラマーからも使用許諾を得る必要が生じます(二次的著作物)。

※写真に映っている方が芸能人の場合はパブリシティ権、一般人の場合は肖像権も問題になりますがここでは割愛します

■一定の要件を満たした無断引用は適法である!

著作権者から使用許諾が得られない場合でも、一定の要件を満たした無断引用は適法です。この場合にいう「引用」とは著作権法上の引用(著作権法32条1項)のことで、具体的には以下の要件を満たす場合を指します。

1 本文と引用部分の明瞭区分
2 本文(自分の記事)がメインで、引用部分がサブ(主従関係)
3 引用の必然性がある
4 改変しない
5 出典を明記する

上記の要件を満たす場合、著作権者の許諾は不要です。
サイト上でどれだけ「無断引用禁止」と書かれていようが、上記引用要件を満たす限りは無断で使用可能なのです。
大事なことなので何度でも言います。著作権法32条1項の要件を満たす限り、無断引用は適法です。

以上を図にするとこうなります。

*「引用」(著作権法32条1項)以外にも権利制限規定(著作権法30条以下)は存在しますが、ここでは割愛します。
この図の左側のルート、つまり無断使用で引用(著作権法32条1項)にも当たらない場合が著作権法違反となります。
ただし国や地方公共団体が作成した「個人情報保護ガイドライン」や「労働経済白書」などの広報資料や調査統計資料は、特に禁止する旨の表示がない限り、説明の材料として転載が認められています(著作権法32条2項)(※)。

以上の要件を満たさない無断使用が、パクリ、盗用、剽窃(ひょうせつ)と呼ばれます。

著作権法上の引用は、そもそも他人の著作物を無断で使用できる要件について定めた規定ですので、サイト上で「無断引用禁止」と書くことは少なくとも法的には無意味です。引用要件を満たせば「無断引用禁止」と書かれていても無断で適法に引用できます。大事なことなので3回言いました。(弁護士杉浦健二)

 

↓フォローいただくとブログ更新を見逃しません↓

STORIA法律事務所へのお問い合わせやご相談はこちらから

【AIビジネス法務・知財セミナー(基礎から応用まで)のご案内】
AIビジネス法務・知財セミナー(基礎から応用まで)を大阪(9月11日)、東京(10月2日)、福岡(12月8日)で開催いたします。
現場で実際に問題となる事例を厳選し、AIや知財の基礎から応用までじっくり解説する4時間です。
過去の参加者の声や申込、詳細はこちらのページからどうぞ!



産業用 AI 開発の知財・法務セミナーを2018年5月9日に東京大手町で開催いたします。
経済産業省のAI・データ契約ガイドライン検討会委員も務めた柿沼による、実務にすぐに役立つセミナーです。
プログラム(予定)は以下のとおりです。
過去の参加者の声や申込、詳細はこちらのページからどうぞ。

【プログラムの内容(予定)】
■ プログラムの内容(予定)
第1 AIと法律・知財に関する問題領域の概観~AIの適法な生成、保護、活用、法的責任~
第2 産業用AIの開発に関する法律問題
1 様々なデータ(個人情報を含むデータ、著作権を含むデータ、肖像権を含むデータなど)を利用してデータセットや学習済みモデルを生成する場合の問題点
2 産業用AIの開発と通常のシステム開発の相違点
3 ユーザが提供した生データを用いてAIベンダが開発した学習済みモデルは誰がどのような権利を持つのか。
4 AI開発における「材料・中間成果物・成果物」とそれらに関する「知的財産・知的財産権」の整理
5 AI開発契約における5つの交渉・合意ポイント
(1)プロセス・契約を分割する
(2)開発契約の内容を工夫する
(3)用語の定義を慎重にすりあわせる
(4)材料・中間成果物・成果物について、知的財産権帰属・利用条件について契約で何も定めていなかったらどうなるか、それをどのように契約で修正するか・放置するかを知っておく
(5)「権利帰属」にこだわらず「利用条件」で「実」をとる
6 具体的なAI開発モデル契約の簡単なご紹介
第3 AIの保護に関する法律問題
1 学習用データセット・学習済みモデルを保護する3つの方法(技術、契約、法律)
2 学習用データセットの保護
3 学習済みモデルの保護
(1) AIoTの場合
(2) AIaaSの場合
第4 AI活用による法的責任について
1 基本的な考え方
(1) AIが何らかの機器に搭載されて提供されている場合
(2) AIが純粋なプログラムとして提供されている場合
2 具体例
(1) コンテンツ生成AIが既存コンテンツと同一コンテンツを「偶然」生成したら
(2) 医療用AIが判断ミスをしたら
第5 質疑応答