ブログ/ BLOG

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. セミナー
  4. 【募集終了】(詳細情報)ベンチャー2日間セミナーで実施する10個のテーマ

セミナー ベンチャー

【募集終了】(詳細情報)ベンチャー2日間セミナーで実施する10個のテーマ

柿沼太一 柿沼太一

2016y02m16d_114316165
STORIA法律事務所が提供する2日間セミナー「ベンチャー企業が事業破綻を避けるために押さえておくべき法律知識」の10個のテーマ詳細は以下のとおりです。

1 3人で始めよう。さて株はどう持つ?~創業者間契約~

会社設立の手続自体は決して難しくありません。ただ、仲間で会社を立ち上げる場合、誰が何株を持つのか、途中で誰かが抜けた場合にその株式をどうするかなどを決めておくことはとても大事です。株式にはどういう意味があるのか、創業者間契約を締結していないとどのようなトラブルが生じるのか、具体的にどのような取り決めをすればいいかについて解説します。

2 大手企業から提携話が来た!~契約書の基礎の基礎~

サービスが順調に伸びてくると必ずと言っていいほど大手企業から提携話が来ます。ただちょっと待って。大手企業から示された契約書案、こちらのコアな価値をそのまま差し出す内容になっていませんか?企業経営と契約書は切っても切れない関係です。契約書のどこに着目したらよいのか、契約書の基礎の基礎を解説します。

3 これって特許とか商標とれますか?~ベンチャーが知っとくべき知的財産の基礎~

イケてるサービスはWEBを通じてすぐに拡散しますが、同時に大企業を含む同業他社に真似されることがよく起こります。模倣を防ぐための方法として効果的なのが知的財産権の有効活用です。自社のコア部分を守るためにベンチャーが知っておくべき知的財産権の基礎について解説します。

4 法的規制に気づかないとビジネスがストップ!~法的規制とそのクリア方法の実例~

法的規制を無視して違法な状態でサービスを提供するのはもってのほかですが、新しい分野に挑んでいくベンチャーは、規制があるからとすぐにあきらめてはいけません。ビジネスモデルを修正したり必要な許可を取得することで正々堂々とサービスを提供できるようになることがあります。実例をもとに解説します。

5 パクリってまずいんですか?~ベンチャーが知っておくべき著作権の基礎知識~

ベンチャー、特にWEB系サービスを提供するベンチャーにとって、他社コンテンツを適法に利用することができればサービスの幅がかなり広がります。ただその際に気をつけなければいけないのが著作権周り。実は、著作権に関する基礎的な知識を身につけることでベンチャーはぐっと差別化できます。ベンチャーが知っておくべき著作権の基礎知識を解説します。

6 外注するとき、外注を受けるときにはここに気をつけて!~受発注を巡るトラブル~

ベンチャーがサービス開発をする際、知り合いや業者さんに、デザインやシステム開発を外注することはよくあることだと思います。その際にきちんと条件を決めて外注をしないと、後日トラブルになることがあります。またベンチャーが受託開発をすることもありますが、その際にも条件をきちんと定めないと思わぬ損害を被ることがあります。実例を紹介するとともに、トラブル防止策について解説します。

7 お金が足りない!どうやって調達する?~資金調達の基礎~

自己資金だけでサービスを拡大できるベンチャーは皆無だと思います。一方、サービスが有名になってくると「投資させて欲しい。」という申し入れがどんどん増えてくることも。資金調達は一歩間違うと後戻りが出来ません。ベンチャーにとっての資金調達の方法はどのようなものがあるのか、資金調達の際にどの点に注意すべきかについて解説します。

8 ベンチャーが人を雇うための戦略~労働問題~

事業が順調に拡大してくると、それまでのように外注だけではなく「人を雇う」というステージにさしかかります。「外注」と「人を雇う」のとは、ベンチャーにとっての負担も法的な規制も全く違います。どこが違うのか、そしてベンチャーが人を雇う場合、どのような点に注意すべきかについて解説します。

9 炎上を防止せよ!~利用規約の怖さ~

WEB系ベンチャーはサービス提供に際して利用規約を作ることになります。ユーザー数が増えてくるに連れて、利用規約をサービスに合致した形できちんと作り込んでおかないとサービスが炎上したり、最悪サービス停止に追い込まれる可能性があります。利用規約を原因とする炎上の実例を紹介し、利用規約をどのように定めればよいのかを解説します。

10 広告って嘘じゃなきゃいいんですよね?~広告に関する様々な法的規制~

「今だけ●●円!」「あのサービスよりここが凄い!」「作業効率が●●パーセントアップする!」などなど自社サービスの宣伝の際にはさまざまな宣伝文句を使います。ただ、実はそれらの広告に際しては景品表示法や関係ガイドラインなど様々な規制があるのをご存じですか。知らず知らずのうちに違反しやすい広告規制について解説します。

【参加申込方法】
→募集終了しました。