CLIENT VOICEお客様の声

2015y09m15d_210042941

アトリエココロ(オリジナル彫刻ボトルの贈り物)

「弁護士さんとお話をしてるというよりは、経営者の方とお話をしてる感覚になります」

■1 アトリエココロ様について教えて下さい

「世界でひとつ!オリジナル彫刻ボトルの贈り物」を合い言葉に、お客様が購入されたお酒やグラス、香水などに、メッセージやご希望のイラストを彫刻加工やスワロフスキーで装飾加工するオリジナルギフトの企画制作販売をしています。
2015y09m15d_210042941

アトリエココロ株式会社(大阪府)
代表取締役 畠山依織江
オリジナル彫刻ギフトの企画制作販売
URL http://a-cocoro.jp/
2006年創業
2011年末 知人の紹介で弁護士杉浦と知り合う
2012年春 会社に内容証明が送られてくる。弁護士杉浦に交渉を依頼
2012年夏 交渉無事成立。顧問契約を依頼することに
現在、新企画立ち上げ時の法的リスク確認や、契約書作成などの業務を継続して依頼中

■2 突然届いた内容証明が杉浦先生に依頼するきっかけでした

2012年、突然あるところから内容証明郵便なるものが送られてきて。もうどうしたらいいかわからず、以前からお会いする機会のあった杉浦先生にすぐに連絡して助けていただいたんです。簡単に言えば著作権関係の問題でした。うちは主にウェブで商品を販売しているのですが、使用する写真や、誤解を招きかねない広告の記載についてなど、恥ずかしながらそれまでは全く考えていませんでした。
どういうリスクがあるとか、法律的にはどうなのか教えていただいて、今後の経営への向き合い方がガラっと変わりました。何より大変なときに全力で味方になって下さる法律の専門家の方がいるってなんて心強いんだろうと、心理面でも大きな支えになりました。

■3 会社を守っていくために必要だと思ったので依頼した

内容証明郵便が送られてきたときに、自分が経営をしていくうえであまりにも法律的に無知だったことと、法律を意識して経営していくことの大切さを思い知らされたんです。
例えば契約書一つでも、内容ひとつで後で有利になったり不利になったり。杉浦先生から、人の関係は常に変わっていくもの、だからこそ良い関係のときに契約書を結んでおくべきだ、良い関係だからこそ契約書の話題をもち出せると言われたときに、すごく腑に落ちたんですね。良いときだから契約書とか言いたくないっていうのが今までの考え方だったんですけど、良いときだから言わなきゃいけないっていうのが杉浦先生のアドバイスだった。ここはすごく納得がいきました。
今後自分が法律の知識がないことで、思いがけない大きなリスクにつながることがきっとあるんじゃないかって。会社を守っていきたいと思ったときに絶対に必要だと思ったので、依頼しました。

2015y08m25d_140140621
彫刻グラスの製作体験も楽しめる

■4 経営判断と法律判断を分けて説明してくれるのは大きい

顧問を依頼して一番良かったと思うのは、新しい企画とか派生事業をやりたいというときに、大きな決断を迫られたりどういう契約を結べばいいかを考えるんですけれども、杉浦先生に「こういう内容で契約したいと思いますけど、考えられるリスクありますか」「契約書とかどうしたらいいですか」と相談できるのがもう本当にありがたい。

経営者って常に危機感でいっぱいなんですよね。浮き沈みも激しいですし、新しいことやるっていったらなおさら新たな経費が発生するので大きな決断になりますし。そういうときに法律的な面でアドバイスをいただけると、決断にぶれがなくなります。

弁護士杉浦父への還暦祝いグラスもご作成頂いた

杉浦父への還暦祝いグラスも作成頂いた

具体的には、取引先様との契約書作成とかチェックをお願いしたり。奈良県の三輪にある神社様とコラボレーションの企画をしたいと思ったことがあったんですが、神社様と契約書を交わすのってどうなんだろうって思いましたし、神主様に契約書をどうのこうのって持っていくのってどうなんだろうとか、いろいろ考えるわけですよね。そのことを相談したときにとても的確なアドバイスをいただけたのが印象に残ってますね。

あと経営判断と法律判断を分けて説明してくださるところ。リスクは最大でもここまでだから後は経営判断だ、と分かりやすく伝えてくださる。法律的には最大限ここまでのリスクがありますけども、経営判断としてはありじゃないですかと。一番知りたいところはそこなんですよね。
弁護士さんのイメージも変わりました。弁護士さんって割とコミュニケーションが取りにくい方が多いんです(苦笑)。杉浦先生みたいな方はなかなかいない。話しやすいような状態に持っていき方が絶妙ですし、話を引き出すときに勝手に話しちゃうような状況づくりだったり環境だったり。私はこれを習得しなきゃいけないといつも思ってます(笑)

■5 会社のことを守っていきたい、発展させたいなら契約して損はないです

経営者意識があり、長期的に俯瞰的に全体を見る意識がすごく高い方です。弁護士さんとお話をしてるというよりは、経営者の方とお話をしてる感覚になります。と思っていたら、法律的なアドバイスをビシッとくださって。
たぶんこんな弁護士さん、全国どこ探してもいないと思います。会社のことを守っていきたい、発展させたいと思われる方は契約して損はないと思います。

 

→STORIA法律事務所へのお問い合わせやご相談はこちらのフォームかお電話(神戸市TEL078-391-0232)から
フォローいただくとブログ更新を見逃しません↓